ストックフォトセミナー開催!

この記事は、こんな人向けに書いています。

  • 株式投資の確定申告のために「特定口座年間取引報告書」が必要
  • 米国株の外国税額控除のために「特定口座年間取引報告書」が必要
  • SBI証券で、この書類を表示する方法を手っ取り早く教えてほしい!

 

ということで、こんにちは! 20代怠け者(@20sInvest)です。

ぼく自身も米国株式を保有していて、配当金などを受け取っているので、2019年には確定申告で「特定口座年間取引報告書」を確認する必要がありました。

「特定口座年間取引報告書」…舌を噛みそうになる名前ですね…。

 

ぼくがメイン口座として利用しているSBI証券で、この「特定口座年間取引報告書」を閲覧する方法を確認したので、メモとしてまとめておきますね。

 

投資デビューを応援! マネックス証券では現在、口座開設で現金プレゼント・キャンペーンを開催中です。

【前提】「特定口座年間取引報告書」は1月中旬に交付される

さて、外国税額控除に必要な「特定口座年間取引報告書」という書類。

こちら、基本的には1月中旬頃に交付されるようになっています。

  SBI証券のQ&Aによると「平成30年(2018年)の特定口座年間取引報告書は平成31年(2019年)1月中旬頃に交付を予定しております」とのことです。

確定申告は1月の休み明けから可能ですが、外国税額控除を申告する場合は、中旬まで待つ必要がありますね。


【手順1】SBI証券で交付された書類を閲覧する方法

さて、その方法について見ていきましょう。

SBI証券の画面にログインして、トップページ右側の「口座管理」から「電子交付書面」へ移動します。

 

こちらが「電子交付サービス」のページ。 ここで、SBI証券から発行された書類や文書などがすべて確認できます。

紙で郵送してもらうサービスもありますが、基本的にはネットだけでやるようにしておくのが便利でしょう。

 

上記の画面を下にスクロールしていくと「運用報告書」という項目があります。

ここに「特定口座年間取引報告書」という項目があることが確認できますね。

この文書を開くには「閲覧」をクリック。 

 

「電子ポスト」という、これまでに交付された文書を確認できる画面に到達しました。

「特定口座年間取引報告書」以外にも、あらゆる文書やお知らせがここにリストアップされているので、必要な書類を探さないといけません。

【手順2】SBI証券で「特定口座年間取引報告書」を閲覧する方法

特定の書類を検索する方法は簡単です。

上部メニューの「種類」というメニューをクリックすると、書類の種類が選択できるので、ここで「年間取引報告書」をクリックして、絞り込み検索します。

 

すると、これまでに交付された「特定口座年間取引報告書」が表示されるようになりました!

閲覧するには「表示」をクリック。

 

はい!

これで「特定口座年間取引報告書」が閲覧できるようになりました。

これは平成29年分なので、2017年分の年間取引報告書です。 2018年分は、上でお話したように2019年1月中旬ごろ交付予定です。

 

以上、ご参考までに!

それでは!