クリエイターがファンからの月額課金(サブスクリプション)によってサポートを受けるPatreonというサービスがあります。

 

Patreonを利用する上では2つの手数料があり、これを差し引いた金額が実際にクリエイターが受け取れる金額となります。

今回は、そのPatreonにかかる手数料と受取額をまとめてみました。

 

  先に結論だけ知りたい!

…という方のためにざっくりお話すると、Patreonクリエイターにかかる手数料は5~9%で、手取りは91〜95%です。

 

さて、このPatreonにかかる手数料は意外と複雑で、最新状況を正しく説明している日本語ページがどうやら存在しないようです。

2017年頃から頻繁に手数料の形態が変わっているのが原因だと思いますが…。

今回は、このPatreonでの手数料の2019年最新状況をご紹介しますね。

 

Patreonについて詳しく知りたい方は先にこちらをどうぞ

 

投資デビューを応援! マネックス証券では現在、口座開設で現金プレゼント・キャンペーンを開催中です。

【ざっくりまとめ】Patreonにかかる手数料

さて、Patreonにかかる手数料をざっくりと表すと以下の2つがあります。

  • ①プラットフォーム手数料:クリエイターが支払う
  • ②支払手数料:ファンが支払う

 

上記2つ以外に、支援金の振込先であるPayPalでの為替手数料や振込手数料などもかかりますが、ここではあくまで「Patreonからいくら手数料を引かれて、Patreonからいくらもらえるのか」を解説します。

【手数料①】プラットフォーム手数料 (Platform Fee)

クリエイターが、支援金を受け取る際に自動的に引かれる手数料です。

この手数料は、クリエイターの登録するプランによって料率が異なります。

そのプランとプラットフォーム手数料の料率は、以下の通り。

プラットフォーム手数料【2019年9月時点】
  • プロプラン:5%
  • プレミアムプラン:9%

 

Patreonはユニークで、どのプランを選ぶかによって、支援金の何%を徴収されるのか、が変わります。

逆にいうと、どのプランを選んでもそれだけで月額の利用料がかかるわけではなく、あくまで「支援金の支払いがあった場合にのみ、Patreonは手数料をもらう」という形態です。

クリエイター側が何かPatreon側に支払いを行う、ということは発生しない仕組みになっているのですね。

実際に取られる手数料・早見表

ということで、それぞれのプランでの手数料はこんな感じです。

 プロプランプレミアムプラン
ファンからの
支援金額
手数料手取り手数料手取り
$3$0.15$2.85$0.27$2.73
$5$0.25$4.75$0.45$4.55
$10$0.50$9.50$0.90$9.10
$20$1.00$19.00$1.80$18.20
$30$1.50$28.50$2.70$27.30
$50$2.50$47.50$4.50$45.50
$100$5.00$95.00$9.00$91.00
$200$10.00$190.00$18.00$182.00
$500$25.00$475.00$45.00$455.00
$1,000 $50.00$950.00$90.00$910.00

プロプランとプレミアムプランの違いは?

支援金額が小さいうちはそれほど両者の差はありませんが、支援金額が大きくなってくると5%と9%の差は大きなものになってきます。

1000ドルもの支援金を多くのファンから受け取る場合、手取りが40ドル(4000円)近く違うわけですから、プレミアムプランはそれに見合ったメリットがないと登録する利点がないですよね。

 

ということで、プロプランとプレミアムプランの違いですが、大まかに言うと「サポートの手厚さ」と「複数人での管理が可能」という違いだけです。

複数人のチーム体制で活動しているクリエイターの場合は、プレミアムプランを選ぶことで複数アカウントでの共同管理(Team Accounts)が利用できるというのが大きな違いのようです。

ということは、個人クリエイターの場合はプロプランを選んでおけばOKですね。

 

ちなみに、以前は「ライトプラン」も存在していたのですが、2019年5月に改定があったようで、現在はプランが2種類になっています。

このような変更がちょこちょこ発生するのが、手数料を把握しづらい理由なんですよね。 もうちょっと明確にならんもんかな…。

【手数料②】支払手数料 (Payment Processing Fees)

ファンが、支援金を支払う際に追加でかかる手数料です。

Patreonは、手数料をクリエイターからだけではなく支払いをするファンからも徴収するシステムになっています。

 

その支払手数料の両立は以下の通り。

月額3ドル以下の場合と、3ドル以上での場合で料率が異なります。

また、支払手数料は米国在住者とそれ以外とで、支払い割合がまた異なってきます。

そのため、ここでは米国外の在住者が支援金を支払う時の料率をまとめています。

  • 月額3ドル以下:6%+10セント
  • 月額3ドル以上:3.9%+30セント

実際に取られる手数料・早見表

うーん、わかりづらい!

この料率だけを見て、いくら取られるのか把握出来る利用者はほとんどいないはずです。

計算もめんどくさいと思うので、早見表をご覧ください。

支援額支払手数料合計支払額
$1$0.16$1.16
$2$0.22$2.22
$3$0.42$3.42
$4$0.46$4.46
$5$0.50$5.50
$6$0.53$6.53
$7$0.57$7.57
$8$0.61$8.61
$9$0.65$9.65
$10$0.69$10.69
$11$0.73$11.73
$12$0.77$12.77
$13$0.81$13.81
$14$0.85$14.85
$15$0.89$15.89

 

これらの支払手数料は、ファンの負担になります。

ファンからも手数料を徴収する形態になったのが2017年のことで、当時は結構な批判があったようですね。

そりゃまあ、自分たちは善意でクリエイターに支援しているのに、目に見える形で手数料を取られるのは正直良い気持ちじゃないよね…。(笑)

 

とまあ、そのような気持ちは置いておいて、現在Patreonはこの2つの手数料を取る形で運営されています。

まとめ

  • Patreonには2つの手数料がある
  • プラットフォーム手数料:クリエイターが支払う(5〜9%)
  • 支払手数料:ファンが支払う(4〜6%)

 

以上、Patreonの手数料、2019年最新状況まとめでした。

冒頭でもざっくりまとめたように、クリエイターにかかる手数料は5~9%で、手取りは91〜95%だと覚えておけばよいかと思います。

(あくまでクリエイター目線で見て)90%の報酬率は、それなりに高還元率なサービスだといえますね。

 

以上、ご参考までに!

それでは!