着実に毎月の配当金、増えています。

 

ということでこんにちは、20代怠け者(@20sInvest)です。

日々、連続増配銘柄とETFを中心に積立購入を続けていますので、定期的に振り込まれる配当金の金額もジワジワと増えています。

ちょうど9月末は多くのETF・個別株の配当金の支払いタイミングで、ぼくも月末・月初で82.39ドルの配当金をいただきました。

 

 

投資デビューを応援! マネックス証券では現在、口座開設で現金プレゼント・キャンペーンを開催中です。

【実績】9月末・10月初の米国株配当金は82.39ドルでした

ということで、今回の配当金実績はこちらの通りです。

ティッカー銘柄名配当金額
(税引き後)
HPEヒューレットパッカード$8.91
KOコカコーラ$26.62
VYMヴァンガード高配当ETF$4.95
SPYDSPDR高配当ETF$20.55
VTI米国株全体ETF$20.80
SOサザン$0.56

 

これらの銘柄は、通常の口座・NISA口座の両方で保有しているもので、それぞれ異なる税率が適用され、税金が引かれたあとの「手取り額」です。

通常口座・NISA口座でかかく税金額はこちらにまとめています

 

米国株の配当金は年4回入ってくるものなので、実際毎月もらえるものではないのですが、毎月の不労所得額として考えると、月割で計算した方が実感が湧きやすいので、ぼくはいつも「毎月の配当金額」として計算しています。

そうした場合、現在ぼくが保有している個別株・ETFからの毎月の配当金額は5193円ほどになる計算です。

ひとまず何をしなくとも、毎月5000円台の不労所得が得られるようになりました。

これは、節目としては結構大きいですね。 連続増配銘柄をメインに積み立てていますので、今後も配当金額と利回りは、徐々に向上していくはずです。

 

米国株の保有銘柄はそれほど変わりませんが、米国株の追加購入は頻繁に行っていますので、以前よりも資産額は大きく、資産配分が変わっています。

この辺はまた改めて、まとめて報告したいと思います!

カンタンな記事ですが、ご参考までに!

それでは〜。