ストックフォトセミナー開催!

どうも、こんにちは!

前作「社畜卒業のための副収入化の教科書」から半年ぶりの電子書籍新刊発売となる20代怠け者(@20sInvest)です。

今作は、以前このブログでもご紹介した「カンボジアUSドル預金」について、2019年の最新情報をまとめたものとなります。

 

投資デビューを応援! マネックス証券では現在、口座開設で現金プレゼント・キャンペーンを開催中です。

カンボジアUSドル預金・口座開設完全ガイド 2019年版

 

 

そしていつもと同じように、今作ももちろんKindle Unlimitedでの読み放題対象となっております。

なので、Unlimitedユーザの方はいつもどおり、読み放題からお読みいただければ幸いです。

まだ未登録の方は、30日間の無料体験でも全冊お読みいただけますので、ぜひこの機会にどうぞ〜。

「カンボジア」で「USドル」を預金する具体的方法

さて、この書籍はタイトルを詠んで時のごとく「カンボジア」で「USドル」の外貨預金をするための具体的方法についてまとめたものです。

この電子書籍は、以前にこのブログでご紹介したカンボジアの主要銀行、「カナディア銀行」での口座開設の方法についてまとめた記事に追記・情報更新して電子書籍化したもの、となります。

 

このブログでは時折触れておりますが、カンボジア経済は「USドルが主要通貨となっている」という、他の国にはない面白い特徴があります。

個人間でこっそりとUSドルでの支払いに対応しているよ、というレベルではなく、公的な支払いや税金、ビザの購入などなどほぼ全ての支払いが「USドル」で回っている国なのです。

そして、その国で「今なら」日本人はほぼ無条件にて、USドルで運用できる外貨預金口座を開設できます。

外貨預金の1つの穴場として、この方法を幅広い人にご紹介しようと思い、ブログでご紹介した内容に+αのかたちで電子書籍化することにしました!
 

目次

ということで、今作の目次は以下のとおりです。

第1章 知っておくべきカンボジアの基本情報

  • カンボジアはこんな国!
  • 過去の歴史と現在の経済
  • カンボジア経済最大の特徴:通貨としての「USドル」
  • カンボジアのUSドルの今後
  • カンボジアの銀行口座は作れるうちに作っておこう

第2章 カンボジアUSドル口座開設の具体的方法

  • カンボジアでUSドル口座を開設する4つのメリット
  • 今回、ぼくが講座を開設した銀行
  • カナディア銀行の預金金利(税引き前)
  • カンボジアの金利収入にかかる税金
  • カナディア銀行の預金金利(税引き後)
  • カナディア銀行への送金手数料
  • 口座開設その1:開設に必要なもの
  • 口座開設その2:ビジネスビザを空港で取得する
  • 口座開設その3:ビザ取得の流れ
  • 口座開設その4:銀行の窓口へ
  • 口座開設の注意点
  • 外貨預金のリスク
  • カンボジアの隠れた3つのカントリーリスク

 

電子書籍の出版は昨年末から一旦お休みしていて、ほぼ半年ぶりの出版となりました。

今後も、既存コンテンツの再編集版などを出版しつつも、完全新作なども出版していこうと考えていますので、よろしければAmazonの著者ページで「フォロー」をお願いします!

(フォローすると、新刊が出版された際に、通知が行くようになります。)

Amazon.co.jp: 20代怠け者:作品一覧、著者略歴

 

それでは!