ブログ収益化コンサルタント

はい、どうもこんにちは、20代怠け者(@20sInvest)です。

先日、こんな記事を書きました。

あまり報道されないカンボジアの隠れたカントリーリスクに付いて書いた記事です

 

こうしたカントリーリスクは確実に存在していますが、それでもカンボジアは年平均7%台の成長を続けている国です。

もともとの経済規模が小さいということもありますが、大きな成長率をキープしています。

ということで、今回はカンボジアのGDP成長率の推移を「1988年〜2018年」の過去31年間に渡ってまとめてみました。

現在、データが公開されている全期間のGDP成長率となります。

 

また、今年2019年から2024年までの5年後のGDP成長率の予測値についても、参考情報としてまとめています。

ご参考までに、それではどうぞ!

 

 
これらのデータは、IMFの公式ホームページにて公開されているデータベースから数値を転載したものとなります。

実データの確認・ダウンロードはこちらのリンクよりどうぞ。

World Economic Outlook Database April 2019

 

投資デビューを応援! マネックス証券では現在、口座開設で現金プレゼント・キャンペーンを開催中です。

【GDP成長率】1988年〜2018年の31年間のGDP成長率

GDP成長率
19889.6%
19893.3%
19901.1%
19917.6%
19927.1%
19934.0%
19948.2%
19956.0%
19965.9%
19974.0%
19984.7%
199912.7%
20009.6%
20018.6%
20026.6%
20038.5%
200410.3%
200513.3%
200610.8%
200710.2%
20086.7%
20090.1%
20106.0%
20117.1%
20127.3%
20137.4%
20147.1%
20157.0%
20166.9%
20177.0%
20187.3%
平均値7.2%
中央値7.1%

 

カンボジアの内戦が実質的に終了したのは1993年ですが、IMFのデータベースではGDP成長率は1988年から記録されているので、その通り掲載をしています。

2009年のリーマンショック時には、GDP成長率はかろうじてプラスの0.1%まで落ち込みました。 (どの新興国でも同じような成長率の下落を経験しています。)

その後の経済成長率はかなり安定していて、平均7%で推移しています。

これはおそらく、前回の記事でお話したように中国との結びつきが強まり、安定的な投資と経済成長が確保出来るようになった、という点が大きいのではないかと思います。

【GDP成長予測】2019年〜2024年のGDP成長率予測

IMFのデータベースでは、5年後の2024年までのGDP成長率の予測も掲載されているので、こちらも合わせてご紹介しておきますね。

GDP成長率(予測)
20196.8%
20206.7%
20216.6%
20226.4%
20236.2%
20246.0%

 

この5年間の平均値は6.5%です。

もちろんあくまで予測ですので「高成長ながらもゆるやかに成長率が落ち着いてくると予測」することぐらいしか出来ませんが。

中国経済との結びつきが強い、という話をしている通り、中国経済の大幅な減速があった場合、この予測値よりも低い数字になる可能性は大いにあります。

中国では年々積もり積もっていく過剰債務問題(ローン)が未だに解消出来ていないため、この問題がハードランディングした場合は、カンボジアのGDP成長率への影響も大きいです。

 
カンボジアにも中国からの投資による不動産などが多く立ち並び、また建設途中なため、中国国内で問題が起きれば、これらのプロジェクトは途中で停止する可能性大です。

少々悲観的な予測ではありますが、こうしたリスクがあるということも踏まえて、高い成長率に乗った投資を考えたいところですね。


 

以上、ご参考までに!

それでは!

 

カンボジア投資の基本から、視察までをこの本にまとめています

 

関連記事