• 投資信託
    eMaxisシリーズ 国内株式4ファンドを比較してみる
    2016/06/01
  • マネックス証券
    マネックス証券で株式投資をする2つのメリット
    2017/03/13
  • 不動産投資
    シェアハウス投資ってこんな感じ! シェアハウス・リフォームのお手伝いをしてきたのでオーナーに話を聞いてみた
    2017/11/02
  • セミナー
    怠け者・ブログ収益化セミナーやります! 11月25日(土)東京・神田にて
    2017/11/09
  • 株式投資
    ネット証券会社の「貸株サービス」がちょっと面白そう 配当金+貸株金利でインカムゲインをゲット?
    2017/03/05
  • 不労所得
    仕事を辞めて不労所得で生活するには「準備期間」がかならず必要だという話
    2017/02/25
  • ETF
    暴落相場にどう対応するかを考えてみた ETFでリスクヘッジする方法とは?
    2018/02/10
  • 不労所得
    不労所得の最終形は「他力」を活用すること
    2017/08/20
  • ブログ収益化
    副業ブロガーは堂々と書籍購入を経費計上できる
    2017/08/15
  • セミリタイア
    ぼくの今の生活は「セミリタイア」だろうか? セミリタイアの定義ってなんだろう?
    2016/09/10
  • 雑記
    YouTubeチャンネルを作りました。 東南アジアで撮影した動画を公開中だよ
    2016/04/27
  • 投資信託
    アメリカを中心とした先進国株式への投資ファンド 「eMaxis 先進国株式インデックス」を見てみる
    2015/09/29
  • 不労所得
    20代・元手なしでイチから増やせる副収入には何があるのか比較してみた
    2015/10/06
  • ブログ収益化
    ブログで不労所得を手に入れたいなら絶対に守っておかなければならないこと
    2017/06/25
  • ETF
    ETFとは? 4つの特徴をまとめます
    2018/01/05
  • 写真・動画寄稿
    Shutterstock初収入! 56米ドルを受け取りました【写真寄稿】
    2017/06/18
  • FX
    スワップポイント不労所得の落とし穴?高金利通貨のデメリット
    2017/11/12
  • 副業
    100万円から調達可能な投資家と起業家のマッチングサイト「Founder」
    2017/09/17
  • 投資信託
    そもそも投資信託とはなんなのか。 仕組みをちゃんと理解しておこうと思ったのでザックリまとめました
    2014/07/19
  • 不労所得
    毎月5万円の不労所得を投資信託で得るにはどれだけ元手が必要なのか?
    2015/07/24
  • セミリタイア
    セミリタイアで得られる数々のメリット
    2017/05/20
  • 副業
    【副業】ドローン操縦技術を習得しておくことが今後のサイドビジネスに大いに役立つ3つの理由
    2017/10/12
  • ブログ収益化
    【ブログ収益化】必ず導入しておくべき2つの無料サービス
    2018/03/10
  • 写真・動画寄稿
    写真・動画寄稿をスタートして半年、収入はこんな感じでした。
    2017/03/25
  • 雑記
    収入激増! たった半月で先月(2015年7月)のブログ収入を越えました
    2015/08/17
  • 不労所得
    「怠惰」は不労所得を手に入れるために必要な美徳
    2017/11/20
  • セミリタイア
    セミリタイア生活って、やっぱり飽きるの? 引退前にやりたいことを見つけておくのが大事
    2016/10/10
  • 勉強
    ファイナンシャルアカデミーの「株式・FX投資 体験学習会」に参加してきた
    2016/07/10
  • 不労所得
    将来の不安を軽減するには給料をいかに増やすかではなくいかに「収入先」を増やすか
    2015/10/06
  • 副業
    フリーランスになってから2年が経ちました。 フリーランスになってから大きく変わった7つのこと
    2017/10/10

trumponomics2016_cap-2016-12-01-12-22-11

トランプショックだと思ったらトランプノミクスが来たでござる。

 

はい。

アメリカ大統領選も無事終わりまして、その大統領選当日の相場は荒れに荒れてドルレートが大きな変動を起こしていたことも記憶に新しいですが、その後は安定的に「円安・ドル高・株高」が到来してます。

この好景気がいつまで続くかはわかりませんが、こういうプラスの変動がいつか必ずあるからこそ、コツコツ投資信託を続けているべきなんですよね。

スポンサードリンク

投資デビューを応援! マネックス証券では現在、口座開設で現金プレゼント・キャンペーンを開催中です。

関連記事

トランプノミクス効果

shutterstock_214768555

アナリストの予想に反して、ドナルド・トランプ氏の勝利によって米国ドルが大量に買われ、円安・ドル高になっています。

理由をかなりざっくりまとめると「トランプ氏が勝利すると米国利上げが遠のくと思ったけど、そうでもなかった」というのが市場の反応とのこと。

国内の経済重視という方針もあって、米国経済への期待感が高まってる…のが、こうした「円安・ドル高・株高」の理由ですね。

まだ実際に政策が実行されたわけではないので、政策が変わることへの期待感先行、ご祝儀特需という感じが、やっぱりします。

 

今後のリスクとしては、トランプ大統領の指導力不足で掲げた政策がうまく実行されなかった場合の失望感からのドル売りの可能性が、あるのかなという感じでしょうかね。

そうなると「円高・ドル安・株安」という基準価額ダウンのコースに入るはずです。

ぼくのトランプノミクス効果

「円安・ドル高・株高」になると、ほとんどの投資信託は価値を上げてきます。

ドル資産であるものは当然だし、日本国内の株式であっても「大企業は円安だと儲かる→円安なので株高」という図式もあって、価値を上げてますね。

 

一応、参考までにぼくのSBI証券での投資信託も現在も掲載しておきます。

cap-2016-12-01-10-22-13

eMaxisバランスは今年1月頃から多目に積立設定を続けてます。 今年は目立った動きがあんまり無かったですが、ここにきてグッと基準価額を伸ばしてきました。

国内株式や先進国株式も伸びてます。 ありがたい話ですじゃ。

今から慌てて買ってもちょっと遅いかな

shutterstock_161998229

ここで注意!

今から慌てて「トランプノミクスだ! この波に乗り遅れるな!」と大量に買いを入れても、ちょっと遅いと思います。

 

今の相場が天井かどうかはわかりません。 ドル円レートも、この記事を書いている最中にもどんどん「円安・ドル高」の方向に向かってますからね。 まだ伸びる余地は、あると思います。

が、既に伸びた部分は今から慌てて購入しても手に入りません。 今後更に伸びるか、それとも下がるかは、まあ言ってしまえば運次第です。

マネートレインに注意

特に株価が上がりきったところでは大きく宣伝されて売りに出されることが多いので、そこから投資信託を買う人が多く出るのだけど、ブーム(バブル)になって上がりきった後には、やはり下降していく道をたどることがほとんどです。

以前読んだジョン太郎氏の「外資系金融マンがわが子に教えたいお金と投資の本」では、バブルになってお金が特定の市場に集まってくることを「マネートレイン」と呼んでいました。

 

 

市場に溢れたお金(電車)が、ある特定の市場(駅)に次々と停まっては過ぎ去っていく様を指してこのように呼ぶようです。

そうしたマネートレインに乗るべく、投資家が集中する。 そしてバブルが弾けると、市場価値はガクンと下がる…。 今までにも何度もあった話です。

 

今回の場合は、トランプ経済への期待感で米国株式や不動産にマネーが集中し、加熱していく(もしくはしている最中)かもしれないですね。

もう少しすると「トランプ経済で米国株がどんどん上がる! 今が買い時です!」なんてセールスをよく見かけることになるかもですよ。

前々から続けていた人が儲けてる

shutterstock_205460470

上昇時、バブル時はいつでも「既に始めてた人が得する」ものです。

2013年のアベノミクスでも、すでに資産を保有していた人が大きく資産を伸ばしました。 まあ、ぼくはその頃ほとんど資産らしい資産は持っていなかったけども…。

そのアベノミクスも今回のトランプノミクスも、そして暴落だっていつ起こるかなんて結局誰にもわからないじゃないですか。 そうなると一番いいのはやっぱり、常に投資を続けておいて、好景気に備えることだと思うんですよね。

スポンサードリンク

そして結局、難しいことは考えずに毎月コツコツ積立を無心になって続けておくのが一番簡単で、かつ効果的なんですよねえ。

大半のアナリストがトランプ勝利→円安を予想出来なかったのだから、結局誰にもいつ上がっていつ下がるかはわからない…ということです。

別に次の変動が起こるまで待たなくてもいいと思います。 今からコツコツ積立を初めておけば、暴落時に安く買い、バブル時に資産価値を伸ばすということがそのうちできるはずです。

 

投資信託ファンドの購入については、下記の証券会社で積立購入するのが便利です。

 

スポンサードリンク