ネット証券会社・完全比較! 投資信託から株式投資まで総まとめ(2017年4月版)

ネット証券会社は沢山あり、それぞれ独自のサービスや取扱い銘柄、手数料を設定しています。

沢山ありすぎて、一体どこで口座開設をしたらいいのか、正直迷ってしまいますよね。

 

このページではそれらをひとまとめにして、一気に比較できるように一覧化してみました。

投資信託の取扱い数比較から、株式投資や債券投資など、幅広くまとめてみました。 ネット証券会社の口座開設の参考にどうぞ!

今回、比較対象としたのは下記の8社です。
 

 

※こちらで紹介している情報については、日々変更になる場合があります。 最新の状況は、各ネット証券会社のサイトをご確認くださいね。

※SBI証券と楽天証券の最小積立金額の変更に伴い、内容を修正しました。

スポンサードリンク

投資デビューを応援! マネックス証券では現在、口座開設で現金プレゼント・キャンペーンを開催中です。

関連記事

各社の取扱いサービスまとめ

まずは、各社の取扱いサービスの対象を一覧にまとめてみました。

 投資
信託
国内
株式
米国
株式
債券FX先物
取引
個人型
確定拠出
年金
SBI証券
マネックス証券-
楽天証券
岡三オンライン
証券
---
SMBC
日興証券
---
フィデリティ
証券
------
セゾン投信------
カブドットコム
証券
--

 

各社とも投資信託や株式投資、FX、個人型確定拠出年金(iDeco)などの取扱いがありますが、一部証券会社では投資信託のみを扱っているものもあります。

投資信託から始めてみて、今後他の投資にも幅広くチャレンジしてみたいという場合は、取扱いの幅が広い証券会社を選ぶのが良いでしょう。

赤色二重丸は、同じ対象を取り扱うネット証券会社の中で、特にオススメの証券会社を指しています。 詳しくは下記の詳細をどうぞ!

投資信託サービスを比較してみる

まずは、投資信託サービス、取扱い数などを比較してみましょう。

 毎月の
最小積立額
投資信託
取扱い数
ノーロード
投資信託
取扱い数
特徴
SBI証券¥1002,3971,075取扱い数豊富
マネックス証券¥1009423611ヶ月に複数回の積立が可能
楽天証券¥1002,3521,099取扱い数豊富
岡三オンライン
証券
¥1,00016755
SMBC
日興証券
¥1,000961301海外企業の投資信託の
取扱いあり
フィデリティ
証券
¥10,000518290
セゾン投信¥5,00022販売から運用を
一括で行う独立系
カブドットコム
証券
¥5001,022573積立完了の
メール通知サービスあり

投資信託の取扱い数

投資信託の取扱い数としては、SBI証券が一番多くなっています。

次いで楽天証券と、この2社が取扱い数で競い合っているという状態ですね。

「取扱い数の多さ=選択肢の広さ」となるので、幅広い投資信託の中からしっかりと自分にあったものを選びたいのであれば、この2つがよさそうです。

☑ ファンド取扱い数で選ぶならSBI証券か楽天証券

毎月積立の最小単位

また、毎月積立の金額は、SBI証券と楽天証券の100円が最小単位になっています。

ワンコインから積立可能なのは魅力的ですが、本格的に積立を行おうとした場合、最低でも1万円ぐらいは毎月積立をしておきたいところなので、こちらはあくまで目安として考えておいた方が良いかもしれません。

各社の特徴的なサービス

マネックス証券の場合、1ヶ月の間で複数回積立が可能な「ウェブかんたん銀行つみたて」というサービスがあります。

これを使えば、毎月単位での積立よりも細かく購入することが出来るので、さらなる分散効果が期待できます。

☑ マネックス証券で1ヶ月内で複数回積立

 

またセゾン投信の投資信託の取扱い数は2本のみと際立って少ないのですが、これはこの2本のみを自前で運用・販売しているという独立系の証券会社であるためです。

一貫して低コストのインデックスファンドのみを運営していく姿勢は、なかなかユニークで面白いところです。

国内では珍しいスタイルの長期投資ファンド! セゾン投信「バンガード・グローバルバランスファンド」を見てみる | 怠け者の20代が投資やってみたブログ

国内株式投資の手数料を比較してみる

続いて、国内株式投資のサービスについて比べてみましょう。

株式投資で重要となるのは、購入時の手数料です。 この手数料が安いか高いかで、投資にかかるコストが大きく変わってきます。

下記、取引価格に対する手数料の比較図です。 いずれも税抜き価格としています。

国内株式
取引手数料
(税抜き)
10万円以下20万円以下50万円以下100万円以下
SBI証券¥139¥185¥272¥487
マネックス証券¥100¥180¥450¥1,000
楽天証券¥139¥185¥341¥609
岡三オンライン
証券
¥99¥200¥500¥800
SMBC
日興証券
¥135¥194¥432¥864
カブドットコム
証券
¥90¥180¥250¥990

少額取引に向いている証券会社

さて、こうして並べてみると各社ごとに手数料が全然違ってきます。 10万円以下程度の少額取引に向いている証券会社は、下記の3社という感じでしょうか。

 

最小手数料という面で見ると、カブドットコム証券50万円以下まですべて最安値と、圧倒的です。 続いてマネックス証券、岡三オンライン証券と最小手数料が続きます。

☑ 最小手数料はカブドットコム証券

高額取引に向いている証券会社

逆に、100万円といった高額取引になると、最安手数料がまた異なってきます。

 

100万円以下の規模だと、SBI証券が487円と頭ひとつ抜けて安い値になっていますね。

一覧には記載していませんが、SBI証券の場合3000万円の取引になっても973円固定と、高額取引に強いのが特徴です。

☑ 高額取引をするならSBI証券

 

また、ずば抜けた手数料の安さはないものの、岡三オンライン証券 は少額取引でも高額取引でもバランスが取れた数値だと言えそうです。

どれぐらいの金額でトレードしていくかわからないのであれば、岡三オンライン証券を選ぶというのも選択肢のひとつです。

貸株サービスを比較してみる

以前このブログでも取り上げた貸株サービスについても、比較してみたいと思います。 貸株サービスについては、下記記事を参考くださいませ。

ネット証券会社の「貸株サービス」がちょっと面白そう 配当金+貸株金利でインカムゲインをゲット? | 怠け者の20代が投資やってみたブログ

 

さて、貸株サービスを行っているのは下記の4社です。

国内株式
取引手数料
(税抜き)
最低金利最高金利貸出中の
配当金の扱い
SBI証券0.1%15%雑所得
マネックス証券0.1%0.5%配当金として
受け取り可能
(手数料0.05%)
楽天証券0.1%15%雑所得
カブドットコム
証券
0.1%20%雑所得

最高金利に違いあり、だが…

こうしてみると最低金利は軒並み0.1%と変わりませんが、最高金利の違いに幅があります。

最高金利が一番高いのはカブドットコム証券の20%ですが、こうした高金利の銘柄は、実はかなり限られています。

数千ある銘柄のうちたった5〜10銘柄ほどしか、こうした高金利銘柄に指定されません。 その他の銘柄は、ほとんど最低金利の0.1%というのが実情です。

そのため、実際に貸株サービスを使う場合は金利はほとんど1%〜0.1%程度になるのが現実であり、最高金利の設定は参考値程度にとどめておくのが、良さそうです。

配当金の扱い

もうひとつ異なるのが配当金の扱いです。

各社とも、株式を貸出中の場合も、「配当金相当額」という形で配当金を支払ってもらえます。 が、「配当金相当額」は「雑所得」扱いとなり、配当控除を受けることが出来ません。

 

唯一、マネックス証券のみ、手数料を支払うことで雑所得ではなく配当金そのものとして受け取ることが出来るようになっています。

配当金として受け取った方が税制上のメリットがあるため、貸株サービスはマネックス証券を使うのが一番有利と言えそうです。

マネックス証券の貸株サービスの詳細と、雑所得の関係は下記にまとめてます。

マネックス証券で株式投資をする2つのメリット | 怠け者の20代が投資やってみたブログ

個人型確定拠出年金を比較してみる

個人型確定拠出年金(iDeco)についてもチェックしてみましょう。 現在、取扱いがあるのは下記の2社のみと、まだまだ少ない状況です。

 加入手数料
(初回のみ)
口座管理費
(月額)
対象ファンド
合計数
対象ファンドの
特徴
SBI証券¥2,777¥49162本eMaxisシリーズ
あり
楽天証券¥2,777¥39328本セゾン投信の
2ファンドあり

 

コスト面では、現在のところ楽天証券に軍配が上がっています。

両者とも加入手数料は同じですが、SBI証券が現在キャンペーン割引で同じ2,777円に割引されている関係で、キャンペーンが終了した後は加入手数料でも楽天証券の方が安くなる可能性があります。

☑ 楽天証券の個人型確定拠出年金が最安

個人型確定拠出年金については、詳しくは下記をどうぞ。

スポンサードリンク

 

以上、各ネット証券会社の比較でした。

各社とも異なる手数料、異なる取扱いサービス、異なるメリットがあるので、自分にあったものを選んでみて下さいね。

 

今回比較しきれなかった部分についても、今後更に比較図を追加、最新版にしていくつもりです。 ぜひともご参考に!

それでは!

 

スポンサードリンク

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です