普通預金を2倍に増やそうとすると72000年かかる

ruleof72_cap-2016-11-06-18-24-07

興味本位で調べていたら、ちょっと衝撃的な数字が出てきたので、ご紹介しておきます。

 

現在の普通預金の金利をご存じでしょうか?

2016年現在、0.001%になっています。

2015年は0.02%でしたが、マイナス金利政策の影響で、2016年2月からメガバンクを中心に、0.001%へと変更になりました。

マイナス金利で一般市民にどういう影響があるのか調べてみた | 怠け者の20代が投資やってみたブログ

まあ、0.02%でもほとんど無いに等しい金利だったわけですが、更に低くなったというわけですね。

 

「72の法則」というものがありまして、この法則の計算式を使って普通預金を2倍にするのに必要な年数を洗い出してみると…なんとも、面白い結果になりましたよ。

スポンサードリンク

投資デビューを応援! マネックス証券では現在、口座開設で現金プレゼント・キャンペーンを開催中です。

関連記事

「72の法則」とは

72の法則とは、元本を2倍にするのにかかる年数を割り出すための計算式のことです。

その計算式がこちら。

72 ÷ 金利(%) = 2倍にするのにかかる年数

 

例えば、年8%の金利(もしくは利回り)で資金を複利運用した場合を計算しようとすると、こうなります。

「72 ÷ 8」

この計算式の結果は「9」です。

つまり、金利8%で回すと9年で2倍に増えるということ。

 

この金利(%)の部分を入れ替えるだけで簡単に計算できるので、試しにやってみると面白いですよ。

色んなパターン

下記に、1%以上で運用した場合に、2倍にするのにどれだけの年数がかかるかをまとめてみました。

金利2倍になるまでの
年月
20%3.6年
15%4.8年
10%7.2年
8%9年
6%12年
4%18年
3%24年
2%36年
1%72年

海外だと金利6〜8%の銀行口座などがあったりもしますが、それだと10年近くで2倍まで増やすことも、出来てしまうわけですね。

なんだか、超低金利に慣れきった日本人には、イマイチイメージしがたい金利であります。

普通預金の金利で72の法則を計算してみると…

さて、現在の普通預金の金利は0.001%ですが、72の法則の計算式でこの金利を計算してみると…?

「72 ÷ 0.001」

結果は72000年でした。 10万円を20万円にするには、72000年の年月がかかる、ということです。

 

…寿命で死ぬわ! そんなもん…!

ちなみに7万年前というと、ヒトが衣服を着るようになった時代だそうです。

もしかして、将来的に不老不死になれる技術が出来れば、もしかすると72000年かけて資産を2倍にすることも、可能かもしれないですね。

…冗談ですよ?

 

ちなみに、0.001%の金利の場合、10万円を1年間運用すると、1円の利子が貰える、という具合です。

なんというか、ここまでくるとむしろ笑えてきますね…。

スポンサードリンク

 

とりあえず、豆知識として、話題のタネとして、ご紹介しておきます。

「銀行預金を投資に回す必要性」を語る上で、この72000年という数字、けっこう役立つかもしれません。

 

ちなみに、世界全体の年間の成長率は平均4%ぐらいと言われているので、世界平均に投資しておけば、2倍になるまで18年ぐらいかかるということになります。

これも合わせて覚えておくと、さらにいい感じの話題のタネになるかも。

それでは!

 

スポンサードリンク

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です