不動産投資の資料一括請求をしようとしたら年収500万円以下は門前払いを食らった話

RealEstateDocumentRequest_Cap 2016-03-31 19.21.00

しょんぼり案件でした。

 

ここ最近ようやく不動産投資についても少しずつ調べていきたい/挑戦してみたいと考えていたところなので、数週間ぐらいで結構貪欲にいろんな書籍やら資料やら、Webサイトやらを調べているところです。

そんな中で見つけたのが、不動産会社の資料を一括で請求できるというこのサイト。 資料を請求するだけなら無料だし、一括請求して見てみよう!

…と思ったのだけど…。

スポンサードリンク

投資デビューを応援! マネックス証券では現在、口座開設で現金プレゼント・キャンペーンを開催中です。

不動産投資 資料一括請求

今回試してみたのはこちらのサイト。

これから不動産投資を始めたい方へ|自己資金ゼロからの不動産投資【不動産投資 一括比較】

読んで時のごとく、複数の不動産会社の資料を上記サイトから一括で取り寄せが可能というものです。 説明するまでもないですね…。

サイト上に記載されている不動産会社は下記の通りです。

  • BROAD BRAINS
  • give communication
  • LEVIA
  • MAKES
  • GLIP
  • NIHON WORKS
  • Surcful Estate
  • Esrise Agency

 

素人目線でハッキリ言ってしまうと、僕が知ってる会社はありませんでした。

それぞれ会社の立ち位置は名前を見るだけだとちょっとわかりそうもないですね。 だからこそなおさら資料を請求してみて、どのようなものなのか違いを確かめてみる必要がありそうです。

年収500万円以下は資料すら請求させてくれない

そんなわけで上記リンクでページに飛びまして、下へと読んでいくと一括請求の入力フォームに進めます。

入力フォームはいたって普通の内容で、資料送付先の氏名や自宅の住所と一緒に、職業と年収を選択する部分があります。

 

ここで嘘を付いても仕方ないですからね、現在の自分の身分を正直ベースで申告。 「自営業・経営者」「499万円以下」にしておきます。

さて、いざ資料請求! と思ったら、下記のような表示が。

Cap 2016-03-11 16.42.45

資料請求会社 ※ご入力いただいた情報により、一部資料請求できない場合がございます

条件に合致する不動産会社がありませんでした。条件を変えて再度ご検討ください。

 

えぇ…?(困惑)

条件を変えてと言われましても。 役職とか年収との条件を変えて再送してよいのだろうか…?

 

あくまで試しに年収を「500万円以上」に設定してみると、なんと資料請求の先の画面に進むことが出来ました。 ということは、500万円以下は足切りを食らって資料請求は出来ないということですかね…。

スポンサードリンク

 

まあ、今回の記事は愚痴程度の記事でしかないのですが。

それでも金持ち以外はハナから相手にされていないという感が透けて見えてしまって、なんだかすこし悲しい気持ちになったのでした。 資料請求して色々と勉強してみよう〜というところで、出鼻をボッキリとくじかれた気分。

ブログの立ち位置としては「仮に年収が500万以下であっても、投資をしようと考える人を応援したい」というスタンスなので、なおさらね…。

 

20代で年収500万以上の方は、一括請求してみても良いと思います。 当然ですが資料請求するだけなら無料ですからね。

どんな資料が手元に届くか、僕にも教えて下さい。(笑)



 

Sponsored Link

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です