• 写真・動画寄稿
    【写真寄稿】撮影用にミラーレスカメラ「CANON EOS M6」を買った!
    2017/09/02
  • 通貨
    「円高・株安」に備えてやっておくことを考えた
    2017/08/03
  • 不労所得
    不労所得が月10万円あれば東南アジアで暮らせるかどうか、試算してみた
    2015/04/04
  • 副業
    100万円から調達可能な投資家と起業家のマッチングサイト「Founder」
    2017/09/17
  • 副業
    【副業】ドローン操縦技術を習得しておくことが今後のサイドビジネスに大いに役立つ3つの理由
    2017/10/12
  • 投資信託
    eMaxisシリーズ 国内株式4ファンドを比較してみる
    2016/06/01
  • 写真・動画寄稿
    写真・動画寄稿をスタートして半年、収入はこんな感じでした。
    2017/03/25
  • 不労所得
    「不労所得は実際に手に入るものだ」と気付いた7年前のひとつの出来事
    2017/03/10
  • 仮想通貨
    5分で始められる「MinerGate」仮想通貨マイニングの方法まとめ
    2018/01/12
  • 不労所得
    20代・元手なしでイチから増やせる副収入には何があるのか比較してみた
    2015/10/06
  • 写真・動画寄稿
    Shutterstock初収入! 56米ドルを受け取りました【写真寄稿】
    2017/06/18
  • 株式投資
    日経平均の銘柄の構成比をチェックする簡単な方法まとめ
    2017/10/20
  • 不労所得
    空き部屋があるなら「Airbnb」を使って不労所得化することも可能ですよ
    2015/08/17
  • 不労所得
    20代だって不労所得で生活したい! そのためにみんなが知っておくべきこと/始めるべきこと
    2015/04/04
  • セミナー
    ブログ収益化セミナー無事終了! ありがとうございました。
    2017/12/02
  • 不労所得
    毎月5万円の不労所得を投資信託で得るにはどれだけ元手が必要なのか?
    2015/07/24
  • 副業
    【副業】ドローン教室体験会(東京・潮見)に行ってきた! 体験内容とその感想
    2017/10/05
  • 経済的自由
    経済的自由を得るために必須になる3つの知識
    2017/08/25
  • 不労所得
    手に入れる不労所得の種類は多ければ多いほど良い理由
    2018/01/25
  • 雑記
    ニュージーランド旅行中でも黒字余裕でした! 2017年1月のキャッシュフローをまとめてみた
    2017/02/10
  • 投資信託
    アメリカを中心とした先進国株式への投資ファンド 「eMaxis 先進国株式インデックス」を見てみる
    2015/09/29
  • マネックス証券
    【マネックス証券】ぜひ使うべき! 株価アラートメール機能が便利すぎる件
    2018/03/30
  • 不労所得
    仕事を辞めて不労所得で生活するには「準備期間」がかならず必要だという話
    2017/02/25
  • FX
    スワップポイント不労所得の落とし穴?高金利通貨のデメリット
    2017/11/12
  • 勉強
    ファイナンシャルアカデミーの「株式・FX投資 体験学習会」に参加してきた
    2016/07/10
  • 不動産投資
    20代・30代の若者でも不動産投資で不労所得は手に入るのか? を考えてみた
    2015/04/16
  • 不労所得
    不労所得の最終形は「他力」を活用すること
    2017/08/20
  • 不労所得
    不労所得をつくるということは「仕組み」をつくること
    2016/10/15
  • 不労所得
    「怠惰」は不労所得を手に入れるために必要な美徳
    2017/11/20
  • 投資信託
    そもそも投資信託とはなんなのか。 仕組みをちゃんと理解しておこうと思ったのでザックリまとめました
    2014/07/19

先日、eMaxis Slimシリーズに新しく新興国株式インデックスが登場したので、詳しくチェックしてみました。

  • 超低コストの「eMaxis Slim 新興国株式インデックス」を見てみる
  •  

    信託報酬0.36%という水準の新興国株式ファンドは数が限られていて、とりあえずぼくの知る限りはこの3本のみとなっています。

    • eMaxis Slim 新興国株式インデックス
    • iFree 新興国株式インデックス
    • Exe-i 新興国株式ファンド

     

    同じ新興国株式を対象としたファンドとはいえ、それぞれ対象としているインデックスが異なり、国ごとの組入比率もかなり異なっています。

    今回は、それぞれのファンドの組入比率を、順番にチェックしてみようと思いますので、ご参考までにどうぞ!

    スポンサードリンク

    投資デビューを応援! マネックス証券では現在、口座開設で現金プレゼント・キャンペーンを開催中です。

    関連記事

    eMaxis Slim 新興国株式インデックス

    2017年7月末から運用開始予定の、eMaxisシリーズの低コスト版ファンドです。

    信託報酬は0.3672%です。

  • eMAXIS 新興国株式インデックス | eMAXIS
  • 指標

    対象としている指標はMSCI エマージングインデックスです。

    国別投資比率

    比率
    韓国15.69%
    ケイマン諸島13.83%
    台湾12.44%
    中国9.74%
    インド8.85%
    ブラジル6.56%
    南アフリカ6.08%
    メキシコ3.66%
    香港3.52%
    ロシア3.19%
    その他16.44%

    「その他」には、メキシコ、マレーシア、インドネシア、タイ、フィリピン、トルコなどが含まれています。

    iFree 新興国株式インデックス

    続いてiFreeシリーズの新興国株式インデックス。

    iFreeシリーズ自体の運用もまだ短く、2016年9月から運用開始したファンドになります。

    信託報酬は0.3672%です。

  • iFree 新興国株式インデックス / ファンドトップ / ファンド情報 / 大和証券投資信託委託株式会社
  • 指標

    指標はFTSE RAFI エマージングインデックスです。

    このインデックスは新興国の企業のなかから、売上高やキャッシュフロー、配当などを勘案して企業を選定、インデックス化したもの、となっています。

    そのため、インデックスファンドの中でもかなりアクティブ寄りの指標である、と言えそうです。

    国別投資比率

    比率
    中国26.7%
    台湾13.8%
    ブラジル11.5%
    ロシア8.4%
    南アフリカ8.0%
    インド6.9%
    アメリカ5.0%
    メキシコ4.8%
    タイ3.4%
    その他9.7%

    Exe-i 新興国株式ファンド

    最後に、SBIアセットマネジメントの運用するExe-i 新興国株式ファンド。

    ETFを経由して、新興国株式へと投資するインデックスファンドです。

    こちらは2013年5月設定と、4年ほどの運用期間があります。

    設定来のトータルリターンは12.66%ほど。

    信託報酬は0.3794%です。

  • SBIアセットマネジメント EXE-i(エグゼアイ)|EXE-i 新興国株式ファンド
  • 指標

    指標はFTSE エマージングインデックスを使っています。

    こちらは同じくFTSE社のRAFIと異なり、新興国の株式企業を幅広く組入対象とした、市場全体に投資するインデックスという位置付けですね。

    国別投資比率

    比率
    中国21.3%
    台湾14.9%
    インド12.1%
    南アフリカ8.3%
    ブラジル8.1%
    香港4.8%
    メキシコ4.7%
    ロシア4.0%
    タイ3.5%
    マレーシア3.4%
    その他15.0%

    スポンサードリンク

    3ファンドを並べてみると…

    最後に、3つの各ファンドを並べてみました。 (公開データの日付が異なるなどで、多少数値に異なる部分がある可能性があります。)

    eMaxisiFreeExe-i
    韓国15.7%--
    ケイマン諸島13.8%--
    台湾12.4%13.8%14.9%
    中国9.7%26.7%21.3%
    インド8.9%6.9%12.1%
    ブラジル6.6%11.5%8.1%
    南アフリカ6.1%8.0%8.3%
    メキシコ3.7%4.8%4.7%
    香港3.5%-4.8%
    ロシア3.2%8.4%4.0%
    タイ2.2%3.4%3.5%
    マレーシア2.4%2.5%3.4%
    アメリカ-5.0%-
    その他11.8%9.0%15.0%
    指標MSCIFTSE RAFIFTSE
    信託報酬0.3672%0.3672%0.3794%

     

    こうして並べると、だいぶそれぞれのファンドの特色が分かれて見えてきますね。

    MSCIとFTSEのインデックスの大きな違いは、韓国を新興国と見るか、先進国と見るかという部分です。

     

    ざっくりまとめると、このような特色で考えればよろしいかと。

    • eMaxis: 韓国メイン
    • iFree:  中国メイン、アクティブファンド寄りの運用
    • Exe-i:  中国メイン、次いでインド重視

     

    信託報酬は0.36%〜0.37%と、ほぼ横並びの低コスト新興国株式ファンド。

    こうなってくると、選択基準はどの国の投資比率を強めに持ちたいか、というところにかかってきそうです。

    言うなれば「どの国を重視したいか」というお好みの領域です。

     

    単純なお好みの話でいくと、ぼく個人としてはこれらの組入比率にイマイチ魅力を感じていないのも事実。

    少々、東アジアの比率が高すぎるのと、メインの対象国の伸びしろに疑問があるためです。

    この辺は、また別の機会に語ってみたいと思いますが…。

     

    以上、ご参考までに。

    それでは!

     

    スポンサードリンク