• 不労所得
    ぼくにとって不労所得は自分用ベーシックインカムみたいなもの
    2017/07/10
  • FX
    FXで不労所得を稼ぐことは可能? スワップポイントについてまとめます
    2017/11/07
  • 不労所得
    「怠惰」は不労所得を手に入れるために必要な美徳
    2017/11/20
  • 副業
    100万円から調達可能な投資家と起業家のマッチングサイト「Founder」
    2017/09/17
  • 不労所得
    手に入れる不労所得の種類は多ければ多いほど良い理由
    2018/01/25
  • マネックス証券
    【マネックス証券】ぜひ使うべき! 株価アラートメール機能が便利すぎる件
    2018/03/30
  • 雑記
    机の前にかぶりつかないといけないような投資には手を出さないようにしてる
    2014/07/19
  • 不労所得
    写真撮影が得意な人は「写真素材の提供」という不労所得にチャレンジしてみるのが面白いかも
    2015/05/31
  • ETF
    米国株3600銘柄に一気に投資するETF「バンガード・トータル・ストック・マーケット」を見てみる【VTI】
    2018/01/20
  • 不労所得
    Kindle出版はいくら儲かる? 販売開始1ヶ月後の報酬額を公開します
    2018/03/15
  • 楽天証券
    楽天証券で口座を作る7つのメリット
    2017/05/30
  • 不労所得
    不労所得をつくるということは「仕組み」をつくること
    2016/10/15
  • 勉強
    ファイナンシャルアカデミーの「株式・FX投資 体験学習会」に参加してきた
    2016/07/10
  • セミリタイア
    セミリタイア生活って、やっぱり飽きるの? 引退前にやりたいことを見つけておくのが大事
    2016/10/10
  • 投資信託
    アメリカを中心とした先進国株式への投資ファンド 「eMaxis 先進国株式インデックス」を見てみる
    2015/09/29
  • 雑記
    毎月いくらを投資に積み立てる? 20代でできる投資額ラインがいくらぐらいか、まとめてみた
    2014/07/26
  • 投資信託
    超低コストで全世界に投資! 「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」を見てみる
    2017/10/25
  • 通貨
    「円高・株安」に備えてやっておくことを考えた
    2017/08/03
  • 投資信託
    ネット証券会社・完全比較! 投資信託から株式投資まで総まとめ(2017年7月版)
    2017/04/15
  • ブログ収益化
    【ブログ収益化】無料ブログと有料ブログはどっちを選んだら良い? メリットとデメリットまとめ
    2018/03/20
  • ブログ収益化
    【ブログ収益化】必ず導入しておくべき2つの無料サービス
    2018/03/10
  • 不労所得
    働きながら不労所得を得たことで手に入る「精神的余裕」の話
    2018/01/30
  • 副業
    【副業】ドローン教室体験会(東京・潮見)に行ってきた! 体験内容とその感想
    2017/10/05
  • 写真・動画寄稿
    Shutterstockに動画の寄稿を始めました。 副業として、収益化出来るかテスト半分、趣味半分。
    2016/11/15
  • マネックス証券
    マネックス証券で株式投資をする2つのメリット
    2017/03/13
  • 雑記
    このブログで得た収入は全額、恵まれない僕のために再投資させていただきます
    2015/07/31
  • 不労所得
    不労所得のためにブログをやろう! と思ったら押さえておくべき4つのポイント
    2015/04/04
  • 不労所得
    毎月5万円の不労所得を投資信託で得るにはどれだけ元手が必要なのか?
    2015/07/24
  • ETF
    ETFとは? 4つの特徴をまとめます
    2018/01/05
  • ブログ収益化
    副業ブロガーは堂々と書籍購入を経費計上できる
    2017/08/15

インデックス投資信託の界隈で業界最低水準の手数料をうたうeMaxis Slimシリーズに、またしても新たなファンドが追加されることになりました。

「eMaxis Slim 新興国株式」はその名の通り、従来の「eMaxis 新興国株式インデックス」の低コストバージョンです。

  • release_170714_3.pdf
  •  

    インデックス系ファンドの中でも比較的手数料の高い部類だった新興国株式で、0.36%という最低水準の信託報酬になっています。

    2017年7月末からの運用開始ということで、まだ実際の運用開始前ですが、少し詳しくチェックしてみましょう。

     

    ※2017年12月13日からの信託報酬引き下げに伴い、記事を更新しました!

     

    eMaxisシリーズ

    このブログでチェックしているeMaxisシリーズの投資信託です。 こちらもどうぞ。

    スポンサードリンク

    投資デビューを応援! マネックス証券では現在、口座開設で現金プレゼント・キャンペーンを開催中です。

    関連記事

    この記事のポイント!

    • 2017年7月から運用開始の新興国株式Slim版
    • 投資対象は新興国株式が100%
    • 投資対象に韓国が15%含まれている
    • 手数料が0.2052%と、従来版の3分の1!

    eMaxis Slim 新興国株式

    項目内容
    投資対象新興国株式インデックスに連動して投資
    運営会社三菱UFJ国債投信
    信託期間無制限
    設定年月2017年7月
    純資産額なし
    (2017年7月末設定開始のため)
    基準価額の傾向
    (ベンチマーク)
    MSCIエマージングマーケットインデックス

    従来のeMaxis新興国株式は2009年運用開始で、現在の資産総額は318億円ほどとなっています。

    そして他のeMaxisファンドと同様に、一度も分配金を出すことなく、再投資による資産総額拡大を続けているファンドです。

    もちろん、投資対象は100%新興国の株式が対象です。

    原則、為替ヘッジなし。

    Slimと従来版の違いは?

    基本的に、Slimと従来版の違いはコストの違いのみで、Slimの方が低コストに設定されています。

    それ以外の投資対象や運用方針、そして基準価額の動き方も基本的にはすべて一致しています。

     

    そのため、Slim版の積み立て購入が可能な証券会社を使っているのであれば、迷うことなく新しいSlim版の方を選んで積立すればOKです!

    投資対象

    対象インデックスは「MSCI エマージングマーケットインデックス」です。

    MSCI エマージングマーケットインデックスは新興国株式のインデックスファンドの指標として、広く利用されているものです。

    国別投資比率

    ということで、国別の投資比率はこのようになっています。 (従来版の2017年6月時点の投資比率です。)

    比率
    韓国15.69%
    ケイマン諸島13.83%
    台湾12.44%
    中国9.74%
    インド8.85%
    ブラジル6.56%
    南アフリカ6.08%
    メキシコ3.66%
    香港3.52%
    ロシア3.19%
    その他16.44%

    16%程度の「その他」には、メキシコ、マレーシア、インドネシア、タイ、フィリピン、トルコなどが含まれています。 (詳細比率は不明。)

    MSCIをインデックスにした新興国株式ファンドの特徴

    備考ですが、MSCI エマージングマーケットインデックスを指標にしたファンドの場合、特徴として韓国の比率が大きいことが挙がります。

    新興国株式のインデックスとしてもうひとつ有名な「FTSEエマージングインデックス」では、韓国が含まれていません。

    この2つの指標の大きな違いがこの「韓国を新興国として見ているか否か」という部分にあるといえますね。

    かたや15%、かたや0%なので、この違いは大きいです。

    • MSCI:韓国を含んだ新興国に投資
    • FTSE:韓国を含まない新興国に投資

    手数料

    さて、肝心の手数料はこのようになっています。

    手数料料率
    購入手数料0%
    信託報酬
    (税込)
    0.2052%
    実質コスト不明
    (年間レポート発表前のため)
    信託財産留保額0%

    2017年12月13日より、信託報酬が0.36612%→0.2052%に引き下げとなっています。

    これは、ライバルの新興国株式インデックスファンドが更なる信託報酬の値下げを行ったことに対しての措置のようです。

    業界最低水準の運用コストをめざす『eMaxis Slim』信託報酬率の引き下げを実施 (平成29年11月22日)

     

    従来版とSlim版を比べると…

    従来版とSlim版の信託報酬を比べてみると、こんな感じ。

    • eMaxis 新興国株式:    0.648%
    • eMaxis Slim 新興国株式:  0.2052%

     

    信託報酬は、実に3分の1まで圧縮されています。

    ここまで違うと、もはや投資対象は同じでも別物と考えてしまって、良い気がしますね。

    Slim版を購入できる証券会社であれば、Slim版を買う。

    これで間違いありません。

     

    購入手数料は従来版と同じく0%です。

    しかし売却時のコストである信託財産留保額は、0.3%→0%へと、こちらも従来版から引き下げられています。

    スポンサードリンク

    超低コストの新興国株式インデックス

    今回のSlim版新興国株式インデックスの登場によって、超・低コストの新興国株式ファンドの世界に新たに切り込んできた格好になりますね。

    同じ0.36%水準の新興国株式インデックスファンドとしては、他には「iFree 新興国株式インデックス」と「Exe-i 新興国株式ファンド」の2つのみ、となっています。

    実はそれぞれ指標としているインデックスが異なるため、投資国の比率が大きく異なっているのです。

     

    近日中に、この2つを含めた、新興国株式ファンドの比較してみようと思います。

    それでは!

     

    スポンサードリンク