• 写真・動画寄稿
    【ストックフォト】主要3サービスでの1ヶ月あたりの報酬額はこんな感じ (2018年1月)
    2018/02/18
  • 雑記
    収入激増! たった半月で先月(2015年7月)のブログ収入を越えました
    2015/08/17
  • 不労所得
    株式を不労所得にする方法! 「恩株」という考え方
    2017/07/05
  • 不労所得
    仕事を辞めて不労所得で生活するには「準備期間」がかならず必要だという話
    2017/02/25
  • 不労所得
    「怠惰」は不労所得を手に入れるために必要な美徳
    2017/11/20
  • ETF
    暴落相場にどう対応するかを考えてみた ETFでリスクヘッジする方法とは?
    2018/02/10
  • マネックス証券
    マネックス証券で株式投資をする2つのメリット
    2017/03/13
  • 税金
    副業ブロガーでも経費計上で節税可能! 例えば、こんな費用が経費扱いに出来ます
    2017/03/20
  • 不労所得
    働きながら不労所得を得たことで手に入る「精神的余裕」の話
    2018/01/30
  • 勉強
    勤労所得が最悪である4つの理由
    2016/05/30
  • FX
    FXで不労所得を稼ぐことは可能? スワップポイントについてまとめます
    2017/11/07
  • 副業
    フリーランスになってから2年が経ちました。 フリーランスになってから大きく変わった7つのこと
    2017/10/10
  • 雑記
    働かなくても不労所得だけで暮らすのに毎月どれだけ収益があればいいだろう?
    2014/07/19
  • 不労所得
    将来の不安を軽減するには給料をいかに増やすかではなくいかに「収入先」を増やすか
    2015/10/06
  • 写真・動画寄稿
    【写真寄稿】どこが稼げる?主要ストックフォトサービス比較・報酬単価まとめ
    2017/11/30
  • 副業
    本格的に副業をはじめるなら必要な道具は背伸びしてでも「今」買うべき
    2017/09/30
  • ブログ収益化
    副業ブロガーは堂々と書籍購入を経費計上できる
    2017/08/15
  • 不労所得
    体調不良時に痛感する不労所得のありがたさ
    2017/03/30
  • 副業
    「仕事辞めたい!」と思うだけの人と実際に辞めていく人の違い
    2017/12/10
  • 不動産投資
    20代・30代の若者でも不動産投資で不労所得は手に入るのか? を考えてみた
    2015/04/16
  • 副業
    100万円から調達可能な投資家と起業家のマッチングサイト「Founder」
    2017/09/17
  • 勉強
    ファイナンシャルアカデミーの「株式・FX投資 体験学習会」に参加してきた
    2016/07/10
  • 雑記
    毎月いくらを投資に積み立てる? 20代でできる投資額ラインがいくらぐらいか、まとめてみた
    2014/07/26
  • ETF
    米国株3600銘柄に一気に投資するETF「バンガード・トータル・ストック・マーケット」を見てみる【VTI】
    2018/01/20
  • 不労所得
    不労所得をつくるということは「仕組み」をつくること
    2016/10/15
  • 不労所得
    不労所得の最終形は「他力」を活用すること
    2017/08/20
  • 経済的自由
    経済的自由を得るために必須になる3つの知識
    2017/08/25
  • 写真・動画寄稿
    Shutterstockに動画の寄稿を始めました。 副業として、収益化出来るかテスト半分、趣味半分。
    2016/11/15
  • セミナー
    ブログ収益化セミナー無事終了! ありがとうございました。
    2017/12/02
  • 雑記
    ニュージーランド旅行中でも黒字余裕でした! 2017年1月のキャッシュフローをまとめてみた
    2017/02/10

Cap 2015-10-07 11.01.37

引き続きeMaxisシリーズのファンドを見てみよう。 今回は「新興国株式インデックス」について。

先進国株式と新興国株式の両方に投資する「eMaxis 全世界株式インデックス」というファンドもあったのだけど、投資比率がほとんど先進国(90%)となっており、分散投資というにはちょっとイマイチでした。

新興国株式にもっと沢山投資したいという人は、やはりこちらを選ぶことになりそうです。

eMaxisシリーズ

このブログでチェックしているeMaxisシリーズの投資信託です。 こちらもどうぞ。

スポンサードリンク

投資デビューを応援! マネックス証券では現在、口座開設で現金プレゼント・キャンペーンを開催中です。

関連記事

eMaxis 新興国株式インデックス


eMAXIS 新興国株式インデックス | eMAXIS

項目内容
投資対象新興国株式
運営会社三菱UFJ国債投信
信託期間無制限
設定年月2009年10月
純資産額238億円
資産額の傾向新興国の景気に大きく左右される
(基準価額の値動きが大きいため)
基準価額の傾向「MSCI エマージング・マーケット・インデックス」に連動

2015年10月現在の基準価額は12,393円です。

Cap 2015-10-07 10.10.37

設定来の値動きを見てみると、基準価額の値動きが大きいという印象。 特に直近では中国株安の影響から、1ヶ月ほどで15000円代から12000円代まで下落してます。 そもそもこのファンド自体が中国株式への投資を含んでますからね。

下落も大きい反面、また値上がりする可能性も多分にあるので、基準価額がある程度下がっている今はもしかすると買い時なのかもしれない。

投資対象

国ごとの投資対象を確認してみます。

比率
韓国14.6%
中国12.4%
台湾12.2%
インド8.4%
南アフリカ8%
ブラジル6.8%
香港5.1%
ケイマン諸島5%
メキシコ4.8%
ロシア3.9%
その他18.4%

Cap 2015-10-07 10.26.57

上位10カ国で、結構細かく分散されてます。 (先進国株式だとアメリカが60%占めてたりする。)

ちなみに組入銘柄の1位はサムスン株(2.82%)でした。 韓国株への比率も大きいし、新興国としてイメージしていた国よりも、もっと身近な中進国が多いような気がする。

分配タイミング

他のeMaxisシリーズと同様「分配金再投資コース」です。 分配タイミングも同様に年1回で、毎年1月末予定。

設定が2009年なので、分配タイミングは過去6回、いずれも分配金0円の再投資になってます。

Cap 2015-10-07 10.46.25

手数料

手数料を確認してみよう。

手数料料率
購入手数料0%
信託報酬0.648%
信託財産留保額0.3%

購入時のコストである買付手数料は0%です。 eMaxisシリーズは基本的にノーロード(購入手数料無料)です。

運用コストである信託報酬は0.648%/年(税込)です。 これは先進国株式、全世界株式ともに同じ料率です。 新興国とはいえコストが同じというのは実は結構ありがたいかもしれない。

売却時のコストである信託財産留保額が0.3%と、意外と大きな数字になっています。 (先進国株式の場合は0%、全世界株式の場合は0.05%)

やはり値動きの大きなファンドなので、あまり頻繁に売却されるとファンド運用に影響が出る可能性があるということで、高めの設定にしているのでは、と思われますね。 高値になった状態で大量に売却されると、困るからね。

スポンサードリンク

まとめ:値動きの激しさをどう考えるか

やはり新興株式は値動きが激しいです。 短い期間のうちに数十%も上昇したり、下落したりということもよく発生してます。

こればかりは新興国への投資では避けられない部分なので、上手い買い方を考えるとやはり値下がりしているときを見計らって多く買うというのが賢い買い方かなと。

 

基本的にドルコスト平均法の考え方で毎月同じ額買っていれば自動的に基準価額が下がったら多くの口数を買えることになります。

更に、例えば毎月積立+自分が底値(最安値)だと思った時にいつもより多く買う! という方法をとってみたら、多くの口数を低いコストで手に入れることができるかもしれない。


【単語勉強】「ドルコスト平均法」って何なの? | 怠け者の20代が投資やってみたブログ

まあ場合によっては損する可能性も、大いにあるんだけど。

でもあまり大きすぎない金額で、ある程度相場を予想して買う金額を増やしたり減らしたりすると実際に経済に参加しているんだなという感覚が感じられて面白いんですよね。

大損しない程度に株式に参加するのが一番精神衛生上よろしいし、楽しんでやれる気がするんだよな。

成長に期待できる新興国なのかどうか

個人的に気になるのは新興国とはいえ、投資対象がある程度成長が落ち着いた国や成長が止まりつつある国がほとんどだということ。

具体的には韓国・中国・ブラジル、など。 どの国もこれから爆発的に成長する! …というよりは、既に中進国に入っているような国がメインのような気がするんだけど…。

まあ、これはeMaxisに限らずほとんどの新興国系ファンドでも同様なのだけど。 もっと本格的にこれから成長するというような市場を選択して投資するというようなファンドはないのだろうか。 あっても、信託報酬高そうだなあ。

 

 

購入するには

投資信託商品を購入する場合は、下記の証券会社がおすすめです。

 

スポンサードリンク