20代・30代の若者でも不動産投資で不労所得は手に入るのか? を考えてみた

Cap 2015-04-16 19.07.22

やっぱり不労所得といったら不動産投資?

どうしても不労所得というと、不動産投資のイメージがありますよね。 家賃収入で毎月30万円も自動的に入ってくる生活なんて、誰だって欲しいですよね。 僕だって欲しいですよ。

ただ不動産投資というのはまとまった元手、資金が必要になるのでそうそう簡単には始められないというイメージがありますね。 実際にどれだけ元手が必要で、どういうリスクがあるのかをはっきり知っておかないと危険です。

今回は20代や30代といった若者の目線で見た場合に、不動産投資で不労所得を手に入れることは妥当なのかどうか考えてみましたよ。

スポンサードリンク

投資デビューを応援! マネックス証券では現在、口座開設で現金プレゼント・キャンペーンを開催中です。

関連記事

不動産投資とは

まず不動産投資について再確認しておきましょう。

不動産投資とは、住居目的ではなく収益の獲得を目的に不動産に資金を投入することです。

一般的に不動産投資の収益はキャピタルゲイン(土地や不動産の値上がりによる収入)とインカムゲイン(家賃収入)のふたつに大別されます。

日本国内での不動産として考えた場合、キャピタルゲインはほとんど狙えません。 ほぼインカムゲインの家賃収入による収益を狙って不動産を購入するものがほとんどです。

不労所得というカテゴリで不動産投資を考えた場合も、定期的な収入となるインカムゲインを見込むのが当然の流れですね。

例えば月5万円の家賃の部屋を6部屋所有していた場合。 その6部屋すべてに住居者が住んでいてくれれば、単純に毎月30万円の収益となります。 この場合は30万円のインカムゲインがある状態です。

20代でチャレンジするのは時期尚早だと思う2つの理由

Cap 2015-04-16 19.06.48

安定したインカムゲインが見込めるのはすばらしい魅力なのだけど、個人的には20代の状態でいきなり家主になるのは無理かつ無謀じゃないかと思ってます。

それはふたつ理由があって、「必要となる元手が高すぎること」「投資全般に関する経験値が足りないこと」です。

1.必要となる元手が高すぎる

不動産投資に必要な自己資金の元手は最低でも500万円が必要です。 この元手を担保に、住宅ローンを組んで数千万円の不動産を購入して家主となるイメージですね。 この500万円は最低額なので、条件によっては千万円にも達します。


不動産投資の初期費用

この最低額の前提を見るだけでも、20代が投資目的で不動産を購入するというのはかなり敷居が高いということがよくわかります。 500万円なんて額は一般の20代じゃそこまで貯金もないでしょう。 貯金があったとしても、一回の投資額がほぼ全財産ぐらいになるんじゃないかと。

確かにチャレンジすることは不可能ではないのだけど、一回の投資額が大きすぎるというところは非常にリスキー。

自己資金だけではなく、それを元に更にローンを組むわけだから、購入してみたけど誰も住んでくれなくて収益が入ってきませんでした〜、じゃ困る。 失敗は許されないわけです。

自分が住むわけでもない住宅のローンを支払うなんてことになったら、持ち家のローンを払い続けるよりも悲惨ですね。

 

既に多数の資産があって、その資産のうちからから不動産投資にチャレンジするのならばまだ納得できます。 仮に失敗してしまっても、全財産を失うという最悪の場合は免れることができるわけだから。

多数の余裕資産がない人が全財産をいきなり不動産投資に充てるというのは、投資というよりギャンブルだと言わざるを得ないでしょう。 こわいです。

2.投資全般に関する経験値が足りないこと

やはり1回の投資額が大きいということは、その1回の判断にかかるリスクが大きいことを意味します。

例えば1万円の商品と100万円の商品があったとして、中身が期待はずれだった時のインパクトはどちらが大きいかと言えば、間違いなく後者ですよね。

投資でどうやったら損しないかは、結局のところ経験にかかってきます。 今までの経験から、「こんなうまい話はないな」とか「もうちょっとここを調べてみた方がよさそうだ」という対策が打てるようになります。

何も知らない状態で投資というものに参入すると、たいていの場合は損しますからね。 実際、僕も投資信託でいくつか損してます。 ほとんど詳しくない時期に、親戚の勧めでそのまま購入していた外国債券などがガッツリ値下がりするという経験もありました。

初めてのもので失敗することは仕方ないことなので、まずはなるべく少額で失敗して、損失少なく経験値を得ていくという考え方が良いんじゃないかと、僕は思ってます。

つまり、いきなり100万円の商品にチャレンジするのではなく、1万円の商品から始めていこう、という話ですね。

 
若いうちに投資を「経験」しておくべき4つの大きなメリット | 怠け者の20代が投資やってみたブログ

 

実際の家主となって不動産から不労所得を得るのは、もうちょっと投資というものの経験を積んで詳しくなってから、そしてまとまった資産が増えてきた状態からでも遅くないんじゃないでしょうか。

このふたつの理由を考えたら、正直いって20代の状態で無理に不動産投資をする必要はないと思います。 もうちょっと低価格で、リスクの低い投資からコツコツと積み上げていく方が現実的な線じゃないかな。


20代の社会人は忙しいからこそ、放ったらかしにできる投資信託を始めるべき | 怠け者の20代が投資やってみたブログ

REITで不動産投資なら、できる

それじゃあ、20代の若者は不動産には投資できないのか? というと、最近はそうでもなかったりします。

REIT(Real Estate Investment Trust)という投資信託商品があります。 超簡単に言ってしまえば「不動産に投資する投資信託」です。


ノーロードで購入出来る毎月分配型REIT「ワールド・リート・オープン」 | 怠け者の20代が投資やってみたブログ

投資信託は基本的に少額の資金から分散投資できることがメリットです。 これなら、1万円ぐらいの単位から不動産へ投資ができ、家賃収入を得ることができるというわけですね!

…まあ当然、通常の家賃収入と比べると、1万円の投資で手に入る家賃収入なぞ大した額にはならないのですが、それでも1万円から不動産投資が可能になったという点では非常に画期的です。 積立投資もできるので、これなら20代・30代でも投資可能なラインです。

実際、僕自身もREIT商品を持っています。 ここ数か月は値段がどんどん上がっているので、積立投資とはいえ結構な利益となっています。

(これがバブルじゃなければいいのだけど。 ボソッ)

海外REIT

また、REITは国内不動産に限らず、海外の市場でも展開されています。 有名なところだと米国REITなど。

新興国だとインド、マレーシア、パキスタン、フィリピン、タイ、ガーナにナイジェリアなどが展開していますね。

新興国のREITの信頼性にはまだ心もとないところもありますが、自ら単独で新興国の不動産に直接投資するよりもリスクは格段に低いことは間違いないでしょうね。

まとめ

  • 直接的な不動産投資は元手がかかりすぎる
  • 住宅ローンを組む前提で購入することになる
  • 失敗した場合のリスクと、一回の投資額が大きすぎるので危険
  • REITなら少額から分散投資が可能! オススメ。

結論としてはまずは「REITから初めて資産と経験を着実に増やす」こと、そして「資産がある程度まとまったら不動産にチャレンジする」という流れが良いと思います。

個人的には負債を増やすということを極力したくない人間なので、一時的となるとしても住宅ローンを組むリスクを考えると(自分が住む持ち家含めて)不動産なんてよっぽどの理由がない限り買わない方が賢明だと思いますけどね。笑

 

 

Sponsored Link

2 Comments

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です