• ETF
    米国株3600銘柄に一気に投資するETF「バンガード・トータル・ストック・マーケット」を見てみる【VTI】
    2018/01/20
  • 勉強
    【勉強】市場が株価変動を恐れているかどうかを測る目安になる「VIX指数」を覚えておこう
    2015/10/09
  • 投資信託
    アメリカを中心とした先進国株式への投資ファンド 「eMaxis 先進国株式インデックス」を見てみる
    2015/09/29
  • 仮想通貨
    5分で始められる「MinerGate」仮想通貨マイニングの方法まとめ
    2018/01/12
  • 不労所得
    不労所得をつくるということは「仕組み」をつくること
    2016/10/15
  • 不労所得
    将来の不安を軽減するには給料をいかに増やすかではなくいかに「収入先」を増やすか
    2015/10/06
  • 投資信託
    eMaxisシリーズ 国内株式4ファンドを比較してみる
    2016/06/01
  • 雑記
    机の前にかぶりつかないといけないような投資には手を出さないようにしてる
    2014/07/19
  • セミナー
    怠け者・ブログ収益化セミナーやります! 11月25日(土)東京・神田にて
    2017/11/09
  • 経済的自由
    経済的自由を得るために必須になる3つの知識
    2017/08/25
  • 株式投資
    ネット証券会社の「貸株サービス」がちょっと面白そう 配当金+貸株金利でインカムゲインをゲット?
    2017/03/05
  • 写真・動画寄稿
    【ストックフォト】主要3サービスでの1ヶ月あたりの報酬額はこんな感じ (2018年1月)
    2018/02/18
  • 不労所得
    ぼくにとって不労所得は自分用ベーシックインカムみたいなもの
    2017/07/10
  • 写真・動画寄稿
    【写真寄稿】どこが稼げる?主要ストックフォトサービス比較・報酬単価まとめ
    2017/11/30
  • 勉強
    勤労所得が最悪である4つの理由
    2016/05/30
  • 雑記
    毎月いくらを投資に積み立てる? 20代でできる投資額ラインがいくらぐらいか、まとめてみた
    2014/07/26
  • 不労所得
    体調不良時に痛感する不労所得のありがたさ
    2017/03/30
  • 不動産投資
    20代・30代の若者でも不動産投資で不労所得は手に入るのか? を考えてみた
    2015/04/16
  • セミリタイア
    セミリタイア生活って、やっぱり飽きるの? 引退前にやりたいことを見つけておくのが大事
    2016/10/10
  • 投資信託
    超低コストで全世界に投資! 「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」を見てみる
    2017/10/25
  • 雑記
    ニュージーランド旅行中でも黒字余裕でした! 2017年1月のキャッシュフローをまとめてみた
    2017/02/10
  • 雑記
    上手くいっている人のブログを読むとやる気が出る 僕が参考にしている3人の成功者のブログ
    2016/05/20
  • 勉強
    ファイナンシャルアカデミーの「株式・FX投資 体験学習会」に参加してきた
    2016/07/10
  • 副業
    「仕事辞めたい!」と思うだけの人と実際に辞めていく人の違い
    2017/12/10
  • 不労所得
    仕事を辞めて不労所得で生活するには「準備期間」がかならず必要だという話
    2017/02/25
  • 副業
    フリーランスになってから2年が経ちました。 フリーランスになってから大きく変わった7つのこと
    2017/10/10
  • 雑記
    このブログで得た収入は全額、恵まれない僕のために再投資させていただきます
    2015/07/31
  • セミリタイア
    セミリタイアは何歳までにするのが良いのか? セミリタイアの条件とは
    2016/09/15
  • ブログ収益化
    ブログで不労所得を手に入れたいなら絶対に守っておかなければならないこと
    2017/06/25
  • 不労所得
    株式を不労所得にする方法! 「恩株」という考え方
    2017/07/05

Cap 2015-04-03 7.10.15

ちょっと久しぶりに単語勉強。 投資信託にかかるコストをチェックするうえで良く出てくる「信託財産留保額」という単語。

投資信託を学ぶ上では避けられないコスト。 字体はなんだか難しそうなことを言ってますが、簡単なことです。

スポンサードリンク

投資デビューを応援! マネックス証券では現在、口座開設で現金プレゼント・キャンペーンを開催中です。

関連記事

信託財産留保額とは

信託財産留保額とは、投資信託商品を売り払うときに発生するコストのこと。

その投資信託を持ち続けている人が受けるリスクや費用などを、持ち続けている人だけではなく売った人にも、手放す人にも支払ってもらおうという、平等性を確保するための仕組みということらしい。

また、運用側からしてもあまりに頻繁に売買を繰り返されてしまうと、安定的な運用をする上での妨げになるという観点から、投資信託に設定されていることが多いようです。

いわば「売却時のペナルティ」ということになるみたいですね。

信託財産留保額がゼロの資産は流動性が高い

この信託財産留保額、結局は売却時のコストなので少なければ少ないほど良しということになります。 まあ当然だけど、投資信託に関してはコストは少なければ少ないほど良し、という話になります。

また、この留保額がゼロの場合は自分で自由に資産を換金したり切り崩せたりする状態、つまり流動性が高い状態になります。

例えば、資産として1000万円の投資信託を持っていた場合。

このとき200万円を車の購入などで必要となった場合は、この資産を切り崩して購入費用に充てるということを考えます。 留保額がゼロであれば、信託会社に費用を払うことなく200万円を換金できるということになります。

つまり信託財産留保額がゼロの商品は「お金が必要になったらいつでも切り崩せる資産」ということですね。

逆に少しでも留保額が設定されている商品は、資産を切り崩すのに多少なりともコストがかかってしまうという話になります。

実際に信託財産留保額が設定されている商品

ということで信託財産留保額の意味についてはだいたいわかったんですが、実際に商品を見渡してみると、実はこの信託財産留保額が設定されていない商品も多いみたいです。

僕が所持している投資信託や、気になっている投資信託をざっと見てみるとこんな感じ。

投資信託信託財産留保額
SMT インデックスバランス0.1%
ダイワ米国リート0%
ダイワ・ブラジル・レアル債オープン0%
eMaxis (8資産均等型)0.15%
ワールド・リート・オープン0%

まとめ

  • 信託財産留保額は「売却時のコスト」
  • 留保額が少ない方が自由に切り崩せる資産である
  • 留保額がゼロか、有かは商品によるので要チェック
  • 小さい額なので、必要に応じて気にせず換金してしまえば良い

投資信託のコストとしては、この信託財産留保額と「購入時手数料」そして「信託報酬」の3つを抑えておけば、そのファンドの方向性とコストがだいたい読めてきますね。

 

スポンサードリンク