• 不労所得
    空き部屋があるなら「Airbnb」を使って不労所得化することも可能ですよ
    2015/08/17
  • 税金
    副業ブロガーでも経費計上で節税可能! 例えば、こんな費用が経費扱いに出来ます
    2017/03/20
  • セミリタイア
    ぼくの今の生活は「セミリタイア」だろうか? セミリタイアの定義ってなんだろう?
    2016/09/10
  • 写真・動画寄稿
    【写真寄稿】撮影用にミラーレスカメラ「CANON EOS M6」を買った!
    2017/09/02
  • 不労所得
    手に入れる不労所得の種類は多ければ多いほど良い理由
    2018/01/25
  • 不労所得
    20代・元手なしでイチから増やせる副収入には何があるのか比較してみた
    2015/10/06
  • マネックス証券
    マネックス証券で株式投資をする2つのメリット
    2017/03/13
  • 不労所得
    「怠惰」は不労所得を手に入れるために必要な美徳
    2017/11/20
  • FX
    スワップポイント不労所得の落とし穴?高金利通貨のデメリット
    2017/11/12
  • 不労所得
    写真撮影が得意な人は「写真素材の提供」という不労所得にチャレンジしてみるのが面白いかも
    2015/05/31
  • 投資信託
    そもそも投資信託とはなんなのか。 仕組みをちゃんと理解しておこうと思ったのでザックリまとめました
    2014/07/19
  • 不労所得
    不労所得が月10万円あれば東南アジアで暮らせるかどうか、試算してみた
    2015/04/04
  • 不労所得
    不労所得のためにブログをやろう! と思ったら押さえておくべき4つのポイント
    2015/04/04
  • 雑記
    働かなくても不労所得だけで暮らすのに毎月どれだけ収益があればいいだろう?
    2014/07/19
  • セミリタイア
    セミリタイア生活って、やっぱり飽きるの? 引退前にやりたいことを見つけておくのが大事
    2016/10/10
  • 副業
    フリーランスになってから2年が経ちました。 フリーランスになってから大きく変わった7つのこと
    2017/10/10
  • 雑記
    このブログで得た収入は全額、恵まれない僕のために再投資させていただきます
    2015/07/31
  • 雑記
    毎月いくらを投資に積み立てる? 20代でできる投資額ラインがいくらぐらいか、まとめてみた
    2014/07/26
  • FX
    FXで不労所得を稼ぐことは可能? スワップポイントについてまとめます
    2017/11/07
  • 投資信託
    eMaxisシリーズ 国内株式4ファンドを比較してみる
    2016/06/01
  • 不労所得
    不労所得の最終形は「他力」を活用すること
    2017/08/20
  • 不動産投資
    20代・30代の若者でも不動産投資で不労所得は手に入るのか? を考えてみた
    2015/04/16
  • 株式投資
    ネット証券会社の「貸株サービス」がちょっと面白そう 配当金+貸株金利でインカムゲインをゲット?
    2017/03/05
  • セミナー
    ブログ収益化セミナー無事終了! ありがとうございました。
    2017/12/02
  • 副業
    【副業】ドローン教室体験会(東京・潮見)に行ってきた! 体験内容とその感想
    2017/10/05
  • 不労所得
    将来の不安を軽減するには給料をいかに増やすかではなくいかに「収入先」を増やすか
    2015/10/06
  • ブログ収益化
    副業ブロガーは堂々と書籍購入を経費計上できる
    2017/08/15
  • 不動産投資
    シェアハウス投資ってこんな感じ! シェアハウス・リフォームのお手伝いをしてきたのでオーナーに話を聞いてみた
    2017/11/02
  • 不労所得
    毎月5万円の不労所得を投資信託で得るにはどれだけ元手が必要なのか?
    2015/07/24
  • 副業
    本格的に副業をはじめるなら必要な道具は背伸びしてでも「今」買うべき
    2017/09/30

Cap 2015-01-12 14.14.17

ドルコスト平均法。 海外の資産を購入しようとしているときにちょくちょく出てくるこの単語。

ちょうど国内が円安で苦しんでいる最中で、ドルレートはかなり注目の的となっているのだけど、なおさらこの単語をよく目にするようになった気がしてます。

改めて、調べてまとめてみます。

photo credit: photophilde via photopin cc

スポンサードリンク

投資デビューを応援! マネックス証券では現在、口座開設で現金プレゼント・キャンペーンを開催中です。

関連記事

ドルコスト平均法とは

ドル・コスト平均法(英: dollar cost averaging)とは、株式や投資信託などの金融商品の投資手法の一つ。

定額購入法ともいう。金融商品を購入する場合、一度に購入せず、資金を分割して均等額ずつ定期的に継続して投資する。例えば「予定資金を12分割して、月末ごとに資金の1/12を投入し、一年かけて全量を買う」という手法。


ドル・コスト平均法 - Wikipedia

つまりどういうことか

Wikipediaの説明だけだと、割とお固い文章なのでよくわからないのだけど、まとめるとこういうことです。

例えば、毎月1万円でドルを購入することにします。 ドルレートというのはみんなご存知の通り毎日変わる訳なので、毎月のその購入時で購入できるドル数というのは変動してきます。

この場合、毎月1万円という購入額は買えずに毎月購入していくことがポイントです。 どんなにドルレートが低くなっても、高くなっても決めただけの定額の日本円でドルを購入していく方法がドルコスト平均法と言われる方法です。

簡単に、ドルコスト平均法のイメージを表にしてみました。 ドルレートはわかりやすいように、極端な変動にしてます。 あくまで例なので、このドルレート変動にはなんの裏付けもありません。
Cap 2015-01-12 13.53.45

毎月1万円をドル購入に当てた場合、1月は83ドル購入できます。 2月は円高に触れて、ドルが120円→100円へと安くなったので2月は100ドル購入します。

あくまで機械的に1万円でドルを購入していくわけなので、レート変動に応じて購入されるドル数も変動し、均等化されていきます。 均等化されつつも、じわじわと所持しているドル数は増えていきます。

自動的にリスク低減できる

つまり「ドルが高い時は少なく買う」「ドルが安いときは多く買う」という購入方法を自動的で行う投資法が、ドルコスト平均法ということになるわけですね。

毎月定額を分散して購入していくことで、一気に大量のドルを購入した場合に起きえる、レートの変動による価値の下落などのリスクを、分散して定額で購入していくことでリスク低減できるという効果があります。

この分散方法の考え方、ドルの購入にかぎらずどの投資商品でも有効ですね。

どういう時に「ドルコスト平均法」が使えるのか

さて、このドルコスト平均法は毎月定額で購入していくということなので、何をした場合にこの投資法が取れるのかというのはわかると思います。

ズバリ「毎月の定額投資」をすればいいわけです。 毎月1万円でも5万円でも、ドル建ての投資商品を購入するように設定しておけば、後は自動的にドルコスト平均法の利点に乗れます。

僕のような素人にとっては、売りどき・買いどきというものは早々簡単に見破れるものではないので、そういう難しいことは考えずに毎月定額を投資、後は為替レートに任せる! という考え方が楽でいいんじゃないかな。

スポンサードリンク