定期的な投資には不可欠な「ノーロード投資信託」とは?

2014-1124-183433

若者こそ、月数千円~数万円の定期的な投資が必要だ! ということを描いてきましたが、長期的に、そして定期的に投資をしていく上で重要になる「ノーロード投資信託」にも詳しく話をしたいと思います。

スポンサードリンク

投資デビューを応援! マネックス証券では現在、口座開設で現金プレゼント・キャンペーンを開催中です。

関連記事

ノーロード投資信託とは

ノーロード投資信託とは、ズバリいうと「購入手数料のかからない投資信託」のこと。 購入手数料がかからないので、まさしく定期的に積み立てる投資にピッタリな運用形態の投資商品というわけです。

商品単位で購入手数料がかからない設定となっている投資信託商品を「ノーロード投資信託」と呼びます。 販売会社自体のことをノーロード投資信託と呼ぶわけではないのでご注意を。

全コストがゼロというわけではない

購入手数料がゼロというのは魅力的だけど、そうは言えども信託報酬は支払わないといけない仕組みになってます。 信託報酬を支払わなかったら、販売会社の儲け分がありませんからね…。

購入手数料と信託報酬については、この記事にまとめました。


【投資信託】購入にあたって考慮すべき2つのコストについてまとめてみた | 怠け者の20代が投資やってみたブログ

何故、購入手数料がゼロにできるのか

そもそも購入手数料をどうしてゼロにできるのか? という疑問、ありますよね。

これはインターネットでの投資商品の直接販売などで、窓口業務を不要とすることで、コストを削減できるようになったことが要因のひとつ。 この削減されたコストによって、投資家が支払う購入手数料をゼロにできるのだそうです。

これはある意味、ネットバンキングの手数料が一般的に低いのが同じ理由ですね。

 

逆にいうと、各都市の支店業務や窓口業務などが充実している大手証券会社等の場合だと、購入手数料をゼロにすることが難しいという点があるということみたいです。 例えば僕が現時点で利用している大和証券などは、ノーロード投資信託の取り扱いはほとんどしていないみたいです。

定期的な投資に購入手数料ゼロが重要

例えば毎月1万円を定期投資しようとした場合に、購入手数料が1%だった場合、実際に投資として購入できるのは9900円分になるわけですね。

なんだ、それぐらいならいいじゃん。 と思うけども、実はそれが罠。 定期投資というのは定期的に資金を積み立てて自分の資産を増やしていくということで、つまり額は少しずつ増えていくということになるわけです。

つまり、投資額が100万円に達した場合、トータル1万円を手数料として持っていかれるということになります。 1000万円だった場合は10万円!

ノーロード投資信託とそれ以外を選んだ場合、最終的なリターン、資産総額の差がかなり大きくなってしまうということが、定期投資の場合にノーロード投資信託を選択すべき理由です。

まとめ

ということで、ノーロード投資信託の商品にどういうものがあるのか、今後はこのサイトでも取り上げていくようにしたいと思っています。 もちろん、僕自身も勉強しながら。

ちなみにノーロード投資信託については、このサイトがかなり詳しく、そしてわかりやすく説明しているのでこちらも参照いただければと。


ノーロード投資信託~手数料無料投信ガイド

 

スポンサードリンク

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です