• ETF
    暴落相場にどう対応するかを考えてみた ETFでリスクヘッジする方法とは?
    2018/02/10
  • セミリタイア
    セミリタイアで得られる数々のメリット
    2017/05/20
  • 勉強
    勤労所得が最悪である4つの理由
    2016/05/30
  • 仮想通貨
    【仮想通貨】マイニングで1日どれぐらいの価値の仮想通貨が掘れるのか? 怠け者PCでの実績はこんな感じでした
    2018/01/22
  • 不労所得
    不労所得の最終形は「他力」を活用すること
    2017/08/20
  • 不労所得
    不労所得が月10万円あれば東南アジアで暮らせるかどうか、試算してみた
    2015/04/04
  • 不労所得
    「不労所得は実際に手に入るものだ」と気付いた7年前のひとつの出来事
    2017/03/10
  • 写真・動画寄稿
    【写真寄稿】どこが稼げる?主要ストックフォトサービス比較・報酬単価まとめ
    2017/11/30
  • 副業
    本格的に副業をはじめるなら必要な道具は背伸びしてでも「今」買うべき
    2017/09/30
  • 株式投資
    ネット証券会社の「貸株サービス」がちょっと面白そう 配当金+貸株金利でインカムゲインをゲット?
    2017/03/05
  • 不労所得
    将来の不安を軽減するには給料をいかに増やすかではなくいかに「収入先」を増やすか
    2015/10/06
  • 通貨
    「円高・株安」に備えてやっておくことを考えた
    2017/08/03
  • 写真・動画寄稿
    写真・動画寄稿をスタートして半年、収入はこんな感じでした。
    2017/03/25
  • 不労所得
    不労所得をつくるということは「仕組み」をつくること
    2016/10/15
  • 不労所得
    Kindle出版はいくら儲かる? 販売開始1ヶ月後の報酬額を公開します
    2018/03/15
  • 投資信託
    超低コストで全世界に投資! 「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」を見てみる
    2017/10/25
  • セミリタイア
    セミリタイア生活って、やっぱり飽きるの? 引退前にやりたいことを見つけておくのが大事
    2016/10/10
  • 投資信託
    アメリカを中心とした先進国株式への投資ファンド 「eMaxis 先進国株式インデックス」を見てみる
    2015/09/29
  • 不労所得
    不労所得のためにブログをやろう! と思ったら押さえておくべき4つのポイント
    2015/04/04
  • 経済的自由
    経済的自由を得るために必須になる3つの知識
    2017/08/25
  • セミリタイア
    ぼくの今の生活は「セミリタイア」だろうか? セミリタイアの定義ってなんだろう?
    2016/09/10
  • 不動産投資
    シェアハウス投資ってこんな感じ! シェアハウス・リフォームのお手伝いをしてきたのでオーナーに話を聞いてみた
    2017/11/02
  • 副業
    【副業】ドローン教室体験会(東京・潮見)に行ってきた! 体験内容とその感想
    2017/10/05
  • 不労所得
    ぼくにとって不労所得は自分用ベーシックインカムみたいなもの
    2017/07/10
  • 投資信託
    eMaxisシリーズ 国内株式4ファンドを比較してみる
    2016/06/01
  • セミナー
    怠け者・ブログ収益化セミナーやります! 11月25日(土)東京・神田にて
    2017/11/09
  • 写真・動画寄稿
    【ストックフォト】主要3サービスでの1ヶ月あたりの報酬額はこんな感じ (2018年1月)
    2018/02/18
  • 投資信託
    そもそも投資信託とはなんなのか。 仕組みをちゃんと理解しておこうと思ったのでザックリまとめました
    2014/07/19
  • 雑記
    毎月いくらを投資に積み立てる? 20代でできる投資額ラインがいくらぐらいか、まとめてみた
    2014/07/26
  • 雑記
    机の前にかぶりつかないといけないような投資には手を出さないようにしてる
    2014/07/19

2014-1122-090401

はいこんにちわ。 投資信託を選択、購入するのにあたって重要なポイントとなるのはやっぱり、保有しているうえでかかるコストの部分。

今までは親族のオススメしたとおりに購入していた投資商品も、実際にどれだけ一時コストやランニングコストがかかるのかをちゃんと把握してなかったということもあったので、しっかり今回のタイミングで調べることにしました。

スポンサードリンク

投資デビューを応援! マネックス証券では現在、口座開設で現金プレゼント・キャンペーンを開催中です。

関連記事

1.購入手数料

読んで字のごとく、購入時にかかる手数料のこと。 購入時に、申し込みの金額の数%を支払うものです。 購入時に支払うということなので、あくまで一時的なコストとも考えられますね。

一般的な投資信託会社だと、この割合にいくつか開きがあるものの3~2%ぐらいが相場みたい。

ちなみにこの購入手数料を取らない投資信託商品もあって、そういったものは一般的にノーロード投資信託と呼びます。 長期の投資をするにあたっては、こうしたノーロード投資信託を選ぶか選ばないかで、重要になってきます。

一例

こうした手数料についての記載は、目論見書を確認すれば記載されてます。 購入前に、ホントはここをチェックしておかないといけないね。

とりあえず僕が保有しているダイワのトリプルリターンズの目論見書をチェックしてみます。 購入手数料は3.24%で設定されてますね。
2014-1122-084129

100万円の資産を購入すると、手数料として32,400円ほど徴収されるという単純計算。 こうして考えると手数料もバカにならんですね…。


大和証券/ダイワ米国株ストラテジーα(通貨選択型)-トリプルリターンズ-ブラジル・レアル・コース(毎月分配型)

2.信託報酬

ふたつめがこれ。 信託の保有額、資産の総額に応じて日々支払うことになる手数料のこと。 基本的には資産額に対して年率○%というかたちで徴収されてます。

ここ、日々支払うことになるコストになるわけなので、この大小は少なからず重要になってきますね。 購入手数料と違って、常に支払うことになる費用なわけなので、ここの数値がたとえ0.1%違うだけでも、長期で所有した場合に最終的な収益は大きく変わってくることになるわけですからね。

1年という短いスパンより、10年、20年と投資信託商品を所有していたうえでどうなっていくか…。 長い目で考えるのであれば、この信託報酬はかなり重要なポイントと考えた方がよさげです。

一例

こうした信託報酬も目論見書に掲載されているので、こちらから確認しましょう。 ダイワのトリプルリターンズだと、目論見書には年率1.323%と記載されてました。
2014-1122-084146

要するに

まあこれ以外にもコストはあるんだけど、購入時に大きく気にするべきはこのふたつのコストですね。 このふたつを、わかりやすくまとめると、こういうことと考えればOKでしょう。

  • 一時費用: 購入手数料
  • ランニング費用: 信託報酬

僕個人としてはこの数値を見たところで、まだあまり高い/低いを判断する勘所がないので、似たような商品をいくつかピックアップして比較したうえで、どうするのかを考えていくようにしたいと思います。

この話題を調べていたうえで出てきたノーロード投資信託というのも、今後の視野に入れて考えたいところ…。

それでは。

 

photo credit: Thomas Hawk via photopin cc

スポンサードリンク